News

Vision

アーティストもまた、アスリートである。
Artists are also athletes.

人間の限界に挑むスポーツアスリート。
日々の驚異的な鍛錬と、そこで培われた肉体、精神、技術によって人類の記録を更新する。しかし、シューズやスイムスーツ、あるいは練習器具、それらに科学的見地が取り込まれることで、人の限界は押し上げられる。
私たちは、トップレベルの工芸家・職人たちをアスリートに見立て、科学的見地を制作現場に取り込むことで作品を進化させ、美を追い求める人類の歴史を、ひとつ上に押し上げたい。

There are athletes who challenge human limits.
They break human records with their body, mind and skills, which they developed through incredibly difficult training every day. But when scientific perspectives are combined with their shoes, swimsuits or training equipment, the human limits are pushed even further.
We see top-level craftsmen and artisans as athletes, and by bringing scientific perspectives to their creation, we hope that their work can evolve further, and push the history of the human quest for beauty one step further.

環境の向上=工芸の向上である。
A better environment = better craftsmanship

自然と向き合い、ものづくりをする工芸家にとって、地球環境の変化とは密接な関係にある。彼らが、それぞれの立場から見える具体的な変化がある。
それを様々な企業や専門家と共有し、問題の解決や新たな開発に取り組みたい。
この時代だから取り組めることがある。
「自然環境への問題意識=工芸の進化」となる様に思える。

Craftsmen, who make things while working with nature, have a close relationship with changes in the global environment. There are concrete changes that they can see from their own perspective, which we wish to share with various companies and experts in order to solve problems and develop new solutions.
There must be something that only people who live in this era can address.
It looks like the “development of environmental awareness = craft evolution”.

工芸とデジタルは融合する。
Merging craft with the digital world

現在、私達は一日のどれ位をデジタル空間で過ごしているのだろうか。
今や私たちはこの世界の中で、学び、集い、表現することがノーマルとなった。
この時代で、私達の暮らす世界がもう一つ生まれたのだ。
私達はその世界を無視できない。自らの日々の生活と、自らの作る作品に乖離を起こさない為に。
私達の時代において急速に発展するデジタル世界。この世界を取り巻く事象を積極的に作品制作に取り入れる事が、今を生きる私達にとって、よりリアルな作品になる様に思える。

Today, how many hours a day do we spend doing things in the digital world?
It is now normal for us to learn something, get together with other people, and express ourselves in this world.
Indeed, in this era, another world has been created. We cannot ignore this world, so as not to cause a divergence between our daily lives and the artworks we create.
The digital world has developed rapidly throughout our era. For those of us who live today, actively combining phenomena around this world into the creation of artworks seems to be a way that makes the works more realistic.

Project

Project 01

Quest for nature

「KOGEI Next」の最初のパートナーは、スポーツアパレルメーカーの株式会社ゴールドウインが展開するオリジナルブランド「Goldwin(ゴールドウイン)」です。自然環境やそこから取り出した素材と向き合い、卓越した技術で美しい造形を探求する工芸家たちの姿が、Goldwinの思想と合致し、共同の取り組みが発足しました。両者は今後、 “Quest for nature(クエスト フォー ネイチャー)”というコンセプトをもとに、人と自然の新たな関係性を探求していきます。

Quest for nature
The first partner of KOGEI Next is the original brand Goldwin, developed by the sportswear manufacturer Goldwin Inc. Goldwin’s philosophy matches that of craftsmen, who interact with the natural environment and materials they extract from it, and seek beautiful forms through their superior craftsmanship. This is how our collaboration was initiated. Based on the concept “Quest for nature”, together we will explore a new relationship between humans and nature.

詳しくはこちら

Project 02

Gold from Urban Mine

金は他の工芸資材などとは違い、私たちの見えぬ商流の中で精製されています。その金はどこから発掘され、どの様に取引されているか、延棒の姿になってしまうと、それは私達の想像力を奪ってしまいます。それは、少年兵が武装して奪い合った金かもしれません。途上国で不当な賃金で採掘されたものかもしれません。その様な金が私たちの身の回りに確実に存在するのです。
KOGEI Next は金属という工芸素材を見直すため、「都市鉱山」と呼ばれる、廃棄されるPC や携帯電話などから採集・精製した希少金属を使ったアート制作を行うプロジェクトをスタートします。
今後は金だけではなく、他の金属においても都市鉱山から再資源化し、アーティストが使用できる素材にすることを計画しています。社会、消費者、作家の皆が循環を体験する、新時代の制作を模索します。

Gold from Urban Mine
Unlike other craft materials, gold is refined through a commercial process that we cannot see. Where is the gold discovered? How is it traded? Once it is turned into gold bars, we can’t imagine how it existed before. It could be gold that armed child soldiers fought over, or it might have been mined by people in developing countries who were forced to work for unfair wages. Such gold certainly exists all around us. 
To re-evaluate metal as a craft material, KOGEI Next is launching a project to create artworks using rare metals collected from discarded computers and cell phones and refined, called “urban mine”. In the future, we are planning to recycle not only gold, but also other metals from urban mines, and make them into materials that artists can use. We are seeking a new-age production in which society, consumers and artists can all experience this cycle.

(商標出願中)
Project 03

Visible

鉄を金槌で叩く鍛金技法を使って制作した烏。
本作は、まず骨格を作り、その上に筋肉や羽を重ね付けるという、二重、三重の途方もない労力を要する工程を経て完成しました。
金属工芸に使われる中では、最も硬く加工が難しい鉄という素材を巧みに加工するのは、本郷にしか成し得ない技巧です。
リアルに表現された骨や羽の表現はもはや肉眼で確認することはできません。
しかし、骨格が作品の中にあることによって筋肉の動きや羽の表現がより豊かになるのです。
現代ではテクノロジーの発達により、CT スキャニングで、あらゆる物の内部をデジタルデータとして見ることが可能となりました。肉眼では見ることのできない作品内部までが表現となりえるのです。
今や私たちの生活に切り離せなくなった、デジタル空間の存在。単なる外側と内側だけではなく、リアルとデジタル、瞬間と永遠といった、多次元的概念を彫刻に持ち込むのです。本郷と私たちはこのvisible シリーズの制作を通して、生命の在り方を問い続けながら、現代における新しい彫刻の姿を探求していきます。

Visible
This raven was created by the forging method—hammering iron.
The raven’s skeleton was made first, and then muscles and wings were layered on top of the skeleton one by one, and this process required a tremendous amount of work.
Only the artist, Shinya Hongo, could have achieved such a skillful processing of the iron, the hardest and most difficult material used in metalwork.
Bones and feathers that were made to look real are no longer visible to our naked eyes.
But having the skeleton inside the work allows the muscle movement and feathers to be much more expressive.
Today, thanks to the advancement of technology, we can see the inside of any object as digital data by CT scanning. Even the inside of an artwork, which we cannot see with our naked eyes, can be presented as an artistic expression.
The existence of digital spaces has become an inseparable part of our lives. It is not only about the outside and the inside, but also about the multidimensional concept—the real and the digital, the moment and eternity—that Hongo brings into his sculptures. Through the creation of the Visible series, Hongo and we will explore new forms of sculpture for the present day, while continuing to question the nature of life and death.

プロジェクト参画作家紹介
Artist

主催者
Organizer

  • 古美術 鐘ヶ江
  • X-tech Management

協賛社
Supporting Company

  • GOLDWIN

アドバイザー
Advisor

  • 広瀬 麻美 (Mami Hirose)

    広瀬 麻美
    (Mami Hirose)

    (株)浅野研究所
    代表取締役

    Asano Laboratories Inc.

  • 前﨑 信也 (Shinya Maezaki)

    前﨑 信也
    (Shinya Maezaki)

    京都女子大学
    生活造形学科准教授

    Kyoto Women’s University

  • 山下 裕二 (Yuji Yamashita)

    山下 裕二
    (Yuji Yamashita)

    明治学院大学
    教授

    Meiji Gakuin University

パートナー
Partner

  • 京都女子大学
  • 京都芸術大学